MENU

高い値段で愛車を売りたいあなたへ…

 

 

今まで大切に乗っていた愛車を売りに出す場合、少しでも高く売りたいですよね?
しかし、「車を売るのは初めてだし、買取買取相場の価格なんて知らない…」といった不安を抱えている人も多いようですね。
しかし安心してください。

 

一括査定サイトを使うと、車の売却初心者でも簡単に相場を知る事ができ、より高い値段で売る事が出来るんです。

何故複数一括査定サイトを使うのか?

 

車買取業者は「買取は安く」「売却は高く」しようとします。商売ですので当然ですよね。ですので、相場を知らない初心者が車を売りに行くと、安くで買い叩かれてしまう事が多いんです。

 

しかし、一括査定サイトを使うと、買取業者間で勝手にあなたの車を高く買う為に競争が起こります。あたなは、一番高い値段をつけてくれた所に売りに出せば良いだけです。これなら、売却の適正価格を知らない素人でも高くで車が売れますよね!

 

車,売る

1サイトではなく、複数サイトから見積りを取ろう!

車,売る

 

より高い値段で車を売りたいのであれば、2〜3サイトの一括査定サイトに見積りを取るべきです。

 

なぜなら、査定サイトによって、提携している買取店が違う為、1サイトの見積りでは不十分な事が多いからです。2〜3サイトから見積りを取る事で、よりあなたの車を高く買取ってくれる業者が現れる確率がグンと上がる訳ですね!

高額で売れる!人気一括査定サイトランキング

 

ズバット車買取比較
ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

 

 

車,売る

 

 

特徴 取引量 評価
100社以上の優良業者が参加 業界2位 車,売る

 

 

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

 

 

車,売る

 

 

特徴 取引量 評価
概算価格が1秒でわかる 業界3位 車,売る

 

 

カーセンサー.net簡単ネット査定
カーセンサー.net

カーセンサー.net

 

 

車,売る

 

 

特徴 取引量 評価
最大30社の見積り取得が可能 業界1位 車,売る

 

 

楽天中古車査定市場
楽天中古車査定市場

楽天中古車査定市場

 

 

車,売る

 

 

特徴 取引量 評価
3000Pの楽天ポイント付与 業界7位 車,売る

さらに高く車売る為の裏技

車,売る

 

一括査定サイトで複数の買取業者から見積りを取って、一番高く買取ってくれる所を選んでも良いのですが、さらにもう1捻りする事で、より高い値段であなたの愛車を売る事ができる可能性が上がります。

 

その方法とは、一括査定サイトで取った見積りを持って、近くの中古車買取店に行ってみるという方法です。

 

出来れば「あなたの愛車を他店より1円でも高く買取ります」のような広告を出している所がいいと思います。

 

見積りを持っているので、安い値段を提示してくる事はないでしょうし、売ろうとしている車が、人気車種であったり、需要が高い車であった場合、見積りより高く買取ってくれる場合があります。

 

もし時間をかけてもいいから1円でも高く売る事を希望している方は是非実行してみてください!

 

車の買取の査定の事って難しいですよね?その値段であったり、交渉方法であったり、色々わからない事が多いと思います。

 

上記のサイトは、そのわかりにくい買取相場の事や交渉のコツ、査定に関する細かい情報などが記載されています。もし、車を売る際にわからない事があれば、このサイトを参考にするとスムーズに事が運ぶと思いますよ!是非参考にしていみてください!

 


車買取の基本的な流れ

 

車買取の基本的な流れを紹介します。
ほとんどの場合、車買取業者が迅速に対応してくれますので準備するモノを間違えずにそろえるだけです。

 

●車の基本情報から査定

車種、形式(グレード)、年式、走行距離、ボディカラー
ここまでの情報で大手車買取り業者では基本下取り価格が出ます。

 

●実車を見てもらい査定

基本下取り価格から実車を査定
事故歴やボディの傷、タイヤの減り具合、インテリアのコンディション等々各社の査定ポイントにより基本下取り価格から実際の見積が出てきます。希望に合わなければ他の業者にもみてもらいます。

 

●車買取依頼

金額に納得していざ下取り依頼の場合、次の作業・準備が必要になります。

 

・委任状(下取りの際、自賠責保険の解約など手続きを業者に任せるための書類です。実印の捺印と印鑑証明が必要)
・銀行口座(自賠責解約の返金、車買取料金の振込み先)

 

委任状に関しては各社専用の用紙がありますので一読の上、実印捺印をします。印鑑証明は住基カードがあれば今はコンビニでも取得可能です。
上記の段取りで業者に書類確認の上、作業を進めてもらえば簡単に終了します。自賠責の返金なども、手続きさえ終了していれば1ヶ月以内に返金されます。

 

中古車買取業者を見極めないとトラブルになることも

 

車を売る時、査定額にばかり気がいってしまいがちですが、査定額と共に重要なのが買取業者を見極める点になります。
車買取ではトラブルが多いという特徴がありますので、悪質な業者の被害に合わないようにするには業者選びを慎重に行う必要があります。
正当な査定額が提示されなかったり不当な減額要求が行われるケースなどの事例も多々報告されているので注意が必要です。
また、契約後に口座振込みで支払われるのが一般的ですが、契約と振込が同時ではないため後日不当に減額されるケースもあります。
契約後に故障や不具合が見つかったという内容や、事故車の可能性を指摘するなどの内容で減額した額を振り込んでくる場合があるので注意したい所です。売却者が故意に隠蔽するなどの瑕疵がない限り、査定時に車両の状態を確認するのが正しい姿となります。
もちろん査定を行うのはプロの査定士ですから、故障や不具合、修復歴に関しては査定士の責任で判断する必要があります。
車買取のトラブルは、不当な減額要求など金銭的な内容がメインとなってきますので、新たに購入する車の資金にする場合には経済的な損失が大きくなるのです。ですから車買取では査定額だけを重視するのではなく、トラブルが起きないように知名度の高い業者を利用することが大切なのです。

 

査定メールでの金額を鵜呑みしない

 

車を売る時に、一度に複数の査定額が手に入るため一括査定を利用する人が増えていますが、、一括査定ではメールによって金額が提示されるのが一般的です。

 

一括査定の金額は車の状態を見ていない条件で査定を行いますので、あくまでも相場を元にした査定額でしか無いという点に注意が必要です。

 

本来であれば直接査定士にみてもらうことになりますので、一括査定で提示された額を鵜呑みにしてはいけないのです。一括査定は買取店の選択のための比較に使用するのが賢い利用方法となるのです。実車を見ずに出された査定額ですから、実際に車を見せた場合にはメールでの査定額よりも安くなる可能性があるのです。

 

逆に高くなることももちろんありますが、車買取を効率良く進めるための手段が一括査定になるのです。

 

一括査定では売却する車両の状態について詳細に記載することがポイントになります。

 

傷や故障の状態など分かれば実際の査定額に近い金額が出やすくなりますので、できる限り状態を把握できる内容を記載することがポイントになるのです。

 

車買取では契約後に金額を下げる悪質な業者もいますので、一括査定の提示額を鵜呑みにせず実際の査定に役立つ情報として捉えることが大切なのです。

 

 

車,売る ポイントのおさらい

  • あくまでメール査定で送られてくる額は目安として見る!
  • より詳細な金額を知りたければ、愛車の状態を詳しく知らせる

 

連絡がマメでないところは支払いも伸びる可能性アリ!?

 

中古車買取業者は車のオーナーにとって欠かすことができな存在としてみなされることが増えています。

 

特に新車の買い替えの際にはこのような業者のお世話になる人が大勢いるとされ、現在では顧客サービスに優れている業者の見極め方が重要といわれています。

 

そうした中、電話やメールなどで対応を行っている中古車買取業者が目立っていますが、連絡が遅かったり連絡の頻度が少ない業者の場合にはサービスの質が悪いことがうかがえます。

 

また、査定の期日を守ってくれなかったり、支払い期限が延びている業者もあるために、何よりも信頼のできる業者の存在が求められています。

 

インターネット上の掲示板などでは中古車買取業者を利用したことがある人による意見のやり取りが行われていますが、中でも査定の期日を巡るトラブルがよく話題に上っています。

 

大手の中古車買取業者では査定をウェブサイト上から申し込むことができたり、自宅まで査定をしに来てくれるというサービスが導入されているため、サービス品質を求めている場合にはできるだけ名の通った業者を選ぶことが有効です。

 

今後も中古車買取業者を見極めるためにインターネット上の情報が重宝されるとみられています。

 

車,売る ポイントのおさらい

  • 悪質な買取店と取引してしまったら、受け渡しや支払いの期日を守ってくれない場合がある。
  • 口コミや評判などの情報を集め、信頼できる業者を選ぼう!

 

車を売る際にトラブルにあったときの相談先をチェック

 

買取業者に査定を依頼し、査定結果に納得して買取にだした後に起こり得るトラブルとして最も多いのが査定額よりも買取額が大幅に下げられるケースです。
また無料査定のはずが強引に契約を結ばされてしまい、契約のキャンセルには高額なキャンセル料がかかるといったこともよくあるようです。

 

現在はインターネットから査定が申し込めるなど車買取サービスの幅も広くなっており、悪質な業者と当たってしまう可能性も高くなっていますので、車買取の際でなにか問題が起きた時の相談先をしっかりと把握しておくことが重要です。
では、このような場合、最もよい相談先はどこなのでしょう。

 

まず一番に向かうべき先は、消費者の味方である公的機関消費者相談センターです。

 

問題解決のためにこれからどうすればいいのかといった具体的なアドバイスをしてくれるはずです。
ただし、この場合はアドバイスのみとなるので問題解決のための交渉や手続きは自らが行う必要があります。

 

もう一つの相談先として考えられるのは、弁護士や司法書士といった専門家です。

 

自らが交渉の場に立ちたくないという場合や、金銭がかかっても効率よく確実に解決をしたいという場合、弁護士や司法書士に任せれば法的観点から契約自体の無効を訴えるなど、依頼人の利益になるように車買取業者との交渉を一手に担ってくれます。

 

ただし、交渉が長引くとそれだけ依頼料がかかってしまう可能性もあります。

 

なんにしても、車を売る際には業者をしっかりと見極めて、トラブルに巻き込まれないように気を付けることが最も重要です。

 

店舗買取だと他社比較がしにくく下取りの最高価格が不透明

 

消費税増税が施行された現在でも、車買取の需要は増えています。
そういった意味でも一年をかけていつでも車を売るチャンスの時期だと思ってもいいでしょう。
では、車をできるだけ高く売りたい場合はどうすればよいのでしょうか。

 

一番簡単なのは、買い替える車の下取りに出すことです。ただし、この場合は、車本体からの値引きと下取り価格が一緒になってしまい、いったいいくら値引いてもらえたか分かりづらくなります。
そのため、買い替える車は、車買取に出した方が得になるケースが多くあります。

 

車買取といえば、専門店での店舗買取を連想される方も多いでしょう。
確かに、買取の専門店であれば、店舗に持ち込むことでしっかりと査定してもらえ、その場ですぐに買取価格を提示してもらえます。

 

しかし、店舗買取の場合、他の買取会社と同時に査定してもらえないため、提示された価格が最高価格かどうかが不透明になります。
買取価格をしっかりと比較して、最高価格で買い取ってもらいたいのであれば、ネット上の価格比較サイトを活用すると良いでしょう。

 

比較サイトであれば、車種や年式、走行距離などを入力するだけで、即座に複数社から買取価格を提示してもらえます。
その中で高価格を提示してもらえたところを何社か選択し、査定を依頼すれば、すぐに駆け付けてくれて正確な査定をしてもらえるのです。
そして、その中で最高価格を提示してもらえた会社に買取をしてもらえば、納得のいく買取となります。

 

対応スピードが早く円滑なプロフェッショナルを選ぼう

 

日本国内では中古車を買い取ってくれる優れた業者がたくさん展開しています。特に最近では国内でエコカー減税の対象となっている車が増えていることや、日本人の経済的な状況が良くなっていることもあって、積極的に新車に乗り換えを考えている人が目立っています。

 

そこで、少しでも新車を買うための資金を工面するために中古車買取業者のお世話になることがすすめられています。インターネット上では大手の中古車買取業者が登録を行っている一括査定を専門とするサイトが登場しています。

 

このようなサイトは複数の管理者によって立ち上げられているために、最も利便性の良いものを選択することが望まれています。

 

中古車買取業者の見積もり額については業者間での比較を行う際にとても重要なポイントとなりますが、それ以外にもスピード感のある顧客の対応もチェックしておくことが重要です。

 

対応の良い中古車買取業者については、素人にとって分かりにくいところがあるために、インターネット上の口コミサイトから情報を仕入れることが有効です

 

口コミサイトには、プロフェッショナルな対応をしてくれる中古車買取業者を利用したことがある人の体験談がたくさん取り上げられていることが大きな特徴として挙げられます。

 

車を売却する時に必要になってくる物一覧

 

車を売る場合、正式な契約を中古車買取企業と結ばなければならない為、口約束で「売ります」「ハイ!買います」のようにはいきません。当たり前ですが…。

 

ですので、当然事前に色々な準備物が必要になってきます。用意するものがある事を頭に置いて早い段階で準備をしておいた方がイザ車を売る時になってからスムーズに事が進みますよ。

 

実印

あなたが市役所などで正式(?)に登録している印鑑です。住所変更が頻繁にある方はまだ登録していないという事もあるのでしょう。もし、まだ登録していない場合はお近くの役所で短時間で登録できるので手続きしておきましょう。

 

印鑑証明書

こちらも上記の実印を証明する為の物です。一枚ではなく数枚発行してもらう事をオススメします。

 

自賠責保険証

自賠責保険は必ず入っていると思うので、用意しましょう。ほとんどの方は車検書の入ったケースに同封していると思います。もし記憶にない方は一度確かめてみてください・
万が一、紛失した場合でも保険会社に再発行手続きを行えば大丈夫ですよ。

 

 

自動車税納税証明書

自動車税を納めたという証明になる物です。こちらも自賠責と同様、紛失しても再発行が可能なので、もし無くされた方は手続きを行ってください。

 

自動車検査証(車検証)

多くの方は、助手席のボックスに入れてあると思います。もし紛失していても管轄の運輸支局で再発行が可能です。

 

リサイクル券

 

自動車リサイクル法に基づいたリサイクル税を支払った証明書です。車検証などのメジャーな物とは違い、名前を聞いても「?」となる方も多いので一度存在を確認してみてください。

 

必ず営業員の人に必要書類を聞く事

 

上記の物が車を売る時、手放す時に必要になってくる物です。かならず守って貰いたいのが、「売却する業者の営業員に必要な物を聞く」という事です。

 

状況などにより、同じ証明書や書類が2枚必要になってくる事もあります。役所などに2度も行くのは時間の無駄にもなってしまうので、一度確認を取ってから必要書類の申請や登録・取得にいくようにしましょう。