MENU

車に傷や凹みがあるんだけど、直しておいた方がいいの?

車を売ろうと思って査定に出す場合、傷や凹みなどは当然減額対象になります。ですので「直してから査定に出した方がよいのではないか?」と思う人もいると思います。

 

結論から言えば「自分で直せる(誤魔化せる)ならしておいた方がいいが、専門業者に直してもらうまではしなくてよい」です。

 

小さな傷であれば、自分でうまくごまかす事も可能だし、費用もあまりかからないので結果金銭的に得をすると思います。

 

しかし、修理専門業者に出してしまうと、修理費がかさんでくるので総合的に見て損をしてしまします。

 

ですので査定前に傷や凹みが気になる人はあくまで「自己修復」できる物は対応し、できない物は素直に査定士の方に申告しましょう。

 

大切なのは、傷を直す事ではなくトータルで見て「得をするか」「損をするか」という事を頭に入れておけば大丈夫だと思います。

 

案外、細かい事を気にせずに査定に出しちゃった方が高い査定額が出る事もあるので、あまり細部には拘らず、とりあえず出してみて見積りを貰ってから交渉するスタイルの方がうまく行く場合もありますよ!