下取りと買取って何?

MENU

下取りと買取って何?

車を売ろうと思い、情報収集などをしていると必ずと言っていい程出てくる言葉
「車買取」「下取り」

 

今持っている愛車を処分できるという意味では一緒なのですが、この2つには決定的な違いがあります。そして違いがあると言う事は当然私達が貰える金額も変わってきます。

 

では、どちらの方法で売却すればより得をする事ができるのでしょうか?

 

車の下取りとは?

 

下取りは、車を売ってお金を貰うというよりも「値引き」に近い商行為です。
つまり、あなたが今乗っている車を処分して、新しい車に乗り替えたい場合、新たな車を買う予定の業者に乗っていた車を引き取ってもらい、その分だけ新しく手にいれる車を値引きしてもらう事を指します。
この方法のメリットは、一つのディーラーで処分と購入をする為、無駄な時間や手間がかからない事が挙げられます。しかし、買取の売却金額と下取りの値引き額では、買取の金額の方が相対的に見て高い場合が多く、金銭的に損をしてしまう事がデメリットとして挙げられます。

 

車の買取とは?

 

車の買取とは、中古車買取店などに今乗っている車を売る行為の事を言います。ですので単純に査定をしてもらい、その金額に納得すれば車と引き換えにお金を貰うという物です。
この「買取」のメリットは、下取りに出す場合に比べてもらえる金額が大きい事です。数十万円もの差が付く場合もある程です。
しかし、次の車を購入する場合、中古車買取店に行って売る⇒自動車販売店に行って買うという2ステップを踏まなければいけない為、時間や手間が多くかかる事がデメリットとして挙げられます。

 

では、どちらの方法で売ればいいのか?

 

上記の説明の通り、どちらの方法にもメリット・デメリットがあります。ですので、あなたが一体何を求めているのか?によって、売却方法は変わってくると思います。

 

「とにかく少しでも高い金額で車を売りたい」方は買取

 

「お金の事はどうでもいいから、とにかく面倒くさくなくて、スピーディーに車を売りたい」方は下取り

 

を選択するのがベストな方法でしょう。