車売る 外装の汚れ 内装の匂い

MENU

車を売る時、外装の汚れや内装の匂いは減額対象?

車査定時のチェックポイントの一つでもある、外装と内装の状態。もしあなたが中古車を購入する立場になってみたら、これらがいかに重要であるのかも想像がつきますよね?

 

まず、外装の汚れ。汚れは傷や凹みなどと違い、簡単に落とす事が出来ます。

 

ですので査定前に自分で洗車する事で回避できると思います。また、自分でするのがめんどくさい方は、低価格の洗車サービスを利用するのも一つの手です。

 

査定前に車を美しくしている事で査定士の印象もグンと変わってくるでしょう。逆もしかりで、面倒だからと言って泥だらけのままで査定に出すと、印象は一気に落ちて減額の対象にもなりえます。
自分で簡単に出来る事なので是非洗車はしておいてくださいね。

 

泥などの簡単に落ちる汚れではなく、中々落ちない特殊な汚れの場合は、専門業者に依頼して落としてもらう事は止めて、そのまま査定に出しましょう。

 

車に傷や凹みがあるんだけど、直しておいた方がいいの?でも書きましたが、専門業者に依頼して修復してもらうと、費用と上乗せされる査定額の差額がマイナスになってしまい、結果損をすることになってしまいます。

 

総合的に考えて得出来る方を選ぶ事が大切です。

 

外装の汚れより厄介なのが、内装の匂い。タバコやキツイ香水・独特な匂い消しの匂いなど、自分は気にならなくても、次に乗る人が嫌がるであろうニオイはたくさんあります。
それだけに、内装の匂いのキツイ車は確実に減額対象になってしまいます。

 

これらの回避方は、換気をするしかないです。

 

十分な時間を取って少しずつ消していくのが一番確実な方法ではないでしょうか?

 

自然なニオイの消臭剤を使いながら、換気をしていくとさらに効果が高いです。

 

しかし、絶対にしてはならないのが、匂いを消す為にさらにキツイ匂いの物で誤魔化す行為です。これをやってしまうと、大抵匂いが交じり合いどうしようもない事になってしまいます。
その結果、結局そのどうしようもない匂いを消さなければなりませんし、交じり合った匂いは中々消えません。

 

時間も労力もかかるので、最初から地道に換気する道を選びましょう。

 

外装の汚れと内装の匂いの対処法は、どちらもあまりお金をかける事なく(無料でも十分できる)ので、是非実践することをオススメします。